実印作成から証明書発行、更に各種手続きの方法までお役立ち情報を公開してます。

はんこ通販活用術

高い素材と安い素材

印材の価格の違いは

実印の素材には様々な物が種類が存在しています。高級印鑑の代名詞である「象牙」を始め格安な木材である「アカネ」など数千円~数万円まで幅広い価格帯で販売されていますが、一部例外の素材を除いてどれも選んでも実印として使用する事は可能です。単純に¥100の印鑑でも実印として使用可能ですし、1万円の印鑑でも役割は一切変わる事はありません。単純に素材の価値観や長持ちしやすい物などで価格が異なり、ゲン担ぎ等で素材を選んでも問題ありません。

高級素材の種類

印鑑を代表する高級素材として「象牙」が上げられますが、その他高級印鑑として「チタン」「鯨」などが存在しています。チタンはご存知の通り耐久性に非常に優れており、落下等でも欠けにくいという大きな特徴があります。象牙や鯨は見た目鮮やかな乳白色であり美しい輝きが特徴です。ただ耐久性は以外にも低く、落下等にて欠ける事も多々存在しています。実印=高級というイメージが多いですが、あくまでもゲン担ぎの様な物であり高級な物に頼りすぎるのではなく実用性を一として考えるのが良いでしょう。

格安素材

高級な印鑑もあれば逆に格安な素材もあります。最も人気が高い素材は「水牛」であり、格安ではありませんが黒一色のシンプルな構成で人気を呼んでいます。その他は木材系にて「本柘」「アカネ」などの格安木材が人気であり、木材特有の頑丈さと単純に安さという面で長年に渡り人気を保ち続けています。安い=実印不可という事は一切ありませんので、格安な印鑑でも実印としての用途は十分に満たす事が可能です。

格安既成品は注意

格安の印鑑でも実印登録は可能ですが、既成品には要注意です。よく見かけるタワー型の印鑑ケースに入っている物で¥100~¥500にて販売されています。これらの印鑑でも実印登録は可能ですが、全く同じ書体にて彫刻されている為、全く同じ印影の印鑑が大量に存在している事となります。必然的に悪用される可能性も高くなり、実印や銀行印として使用するのは不適切です。多少面倒でも必ず印鑑屋にて彫刻をしてもらいましょう。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はんこ通販活用術 , 2021 All Rights Reserved.